Eclipseのユーザーと開発者はただ月の下でのEclipseConヨーロッパ2013の主催者に話の提案を提出するために残っています。
Eclipse Foundationから主催者は35分の会談とEclipse自体のOSGiは、JavaおよびWeb技術を含む被験者数、のいずれかをカバーする3時間のチュートリアルのための提案を探しています。
今年の会議のテーマは、追加マシン(M2M)組み込みシステムに機械であり、そのような銀行、航空宇宙自動車などの分野で、業界固有のアプリケーションを構築するためにEclipseを使用。
後者の領域でのEclipseConチームは、Eclipseのソフトウェアの使用を含むケーススタディを提示することができるスピーカーを探しています。
検索主催者はまた、のいずれにも適合しない話やチュートリアルは、 "他のクールなもの"カテゴリを提供他のカテゴリ。
論文の提出の締め切りは8月12日です。
7月31日で提出スピーカーは彼らの話やチュートリアルが受け入れられた場合に早期に通知され、会議のウェブサイト上でより多くの宣伝を受け取ります。
提出プロセスの詳細については、サイト上のEclipseCon提出とスピーカーのFAQで利用可能です。
会議では、シュトゥットガルトの北12キロのところに位置しているルードヴィッヒスブルク、ドイツ、10月29日から31日まで開催されます。
グラフィック(FAB)